金管楽器「フェルト交換」について

金管楽器のピストン楽器はトランペットやコルネット、アルトホルン、ユーフォニアム、チューバなどがあります。

ピストンにはノイズを防ぐためにフェルトがついています。が…摩耗してぺったんこになったフェルトや、白いフェルトが緑色になってしまっている楽器はありませんか?

ノイズ(ガチャガチャとピストンを押すと言う)はもちろんですが、実はフェルトがつぶれてくるとピストンの穴の位置がずれて音程や吹奏感にも影響があります。交換時期の期間の目安はありませんが、あきらかにつぶれてきてしまったり、緑色になってきたら交換がおすすめです。

よくぞここまで!のフェルトをご紹介です。汚れもありますがこちらは、緑色⁺摩耗です。がんばりました…

ピストンにフェルト。   すごいつぶれてます

 

上のところのフェルトも

 

すぐに交換がおすすめです!

ネジを回して分解ができますので自分で交換が可能です(*^^)v

新しいフェルトと摩耗したフェルト

古いタイプのユーフォニアム分解掃除

 

 

 

 

 

 

 

 

    

   つぶれすぎて激薄です(;^_^A

 

写真は違いますが、白いバルブガイドなどは同じ位置に戻すことを約束に交換をしてみてください。また、ピストンに【汚れ】はたまっていませんか?水洗いすることができますので、ピストンの穴👀確認してみてくださいね!大変なことになっているかも!?汚れがたまるとピストンの動きが悪くなってしまうことにもつながりますのでご注意くださいね💦

雪草楽器でも交換・掃除などの調整も承りますのでお気軽にお問い合わせください♪     きれいになりますよー(^O^)

コチラも!

汚れがこんなに…

汚れを取って、交換してみました

カテゴリー: New, ゆっきい, 修理, 修理のこと パーマリンク

コメントを残す